富士山駅にあるショップにて☆

JUGEMテーマ:ビジネス

 

こんにちは。スタッフブログメンバーのkanaです。

一週間交代でブログを載せ始めてから、順番がくるのがとても早く感じています。

昨日は先週に引き続き、突風が吹き、春二番???!

春はすぐそこまできていますね〜♪

 

 

今回は、隣町にある「富士山駅」の駅ビル内にあるショップを案内したいと思います。

日本一の富士山の駅、名前を聞いただけでも縁起が良く、あやかりたくなりますね(^^)

豆知識として、「富士山駅」がある富士急行線上には、他にも「寿駅」もあるんです。

富士急行線は、テレビでもよく取り上げられている人気ローカル線で、

富士山の眺めもバッチリで、途中下車も楽しめます!

いろいろ話を続けると脱線してしまいそうなので、富士急行線の見どころは次回の楽しみにして、

話を戻したいと思います(笑)

 

 

「富士山駅」の駅ビル「Qスタ」の1階に、「ヤマナシハタオリトラベル MILL SHOP」コーナーがあります。

MILL (みる)とは、工場を意味していて、 織物産地ヤマナシを「見る」という二つの意味合いから名付けられました。

地元のハタオリ工場で織られた、上質な生地を使ったオリジナルの商品が大集合。

 

 

今回は3月のひなまつりに合わせて、ショップの雰囲気も可愛らしく華やかになっています。

 

テンジンさんのタオル・クロス

田辺織物さんの、座布団生地・バック

羽田忠織物さんの、ネクタイ・ストール

光織物さんの、御朱印帳・お守り袋

舟久保織物さんの、ほぐし傘・小物

前田源商店さんの、オーガニックコットングッツ

宮下織物さんの、小物入れ

武藤さんの、ストール

富士桜工房さんの、ネクタイ・小物

渡小織物さんの、ネクタイ

弊社 槙田商店の、傘・晴雨兼用・エコバック

 

織物の魅力がたっぷりつまった、ショップ展開。

これだけの織物業が集結したショップは、他ではなかなか見られないと思います。

ショップの品々に見とれながら商品整理をしていると、お客様から声をかけられました。

 

お客様  「にんじんの日傘はありますか?」

私    「シーズン物になり、今はここには置いていないです。」

お客様  「どこに行けば買えますか?」

私    「槙田商店で作られているもので、車でここから20分ほどの所に会社があり、そこでも購入いただけます。」

お客様  「織物の産地以外には、何か名物などありますか?」

私    「吉田のうどんです!」

 

というような会話から、地元の織物の産地に至った歴史から、吉田のうどん、富士山の伏流水でお水が豊富な事など、

MILL SHOPで立ち話をしていました。

お客様はとても織物好きで、熱海から笛吹へ旅行へ行く途中に、調べて寄ってくださったそうです。

うれしいですね〜。

その後、紹介した吉田のうどんを堪能してから、槙田商店まで足を運んでくださいました(^^)

織物が大好きで、特に着物が好きという事で、熱心に織物を見ていかれました。

こちらとしても嬉しい限りで、どこで出会いがあるのか、分からないもんですね。

 

そんな一コマもありで、産地のステキな商品にも出会える

「ヤマナシハタオリトラベル MILL SHOP」

 

ぜひ皆様のご来店を、お待ちしております。

 

槙田商店の、紳士傘・婦人傘・長傘・折傘・晴雨兼用・パラソル・傘布エコバックなども、取り揃えております。

 

 

   

 

 

さらに、「ヤマナシハタオリトラベル MILL SHOP」での見所オススメ!!は、

 

【黒板ストーリー】

 

 

チョークによる繊細なタッチの絵が、週代わりで物語として連載されています!

絵に魅了されて、ついつい立ち止まって見入ってしまう程のステキな作品で、

私も、ここでの物語を見るのが、毎回楽しみなんです。

 

今まで描かれた作品も、冊子となって置いてありました!

ここでしか見ることの出来ない、黒板絵画。

目と心の保養に、ぜひご覧ください☆

 

以上で、富士山駅ミルショップ案内を終わります。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

次回、スタッフyamaによるブログを、お楽しみに☆

 

 

                                 staff  kana

 

お守り

 

年末年始と、新聞記事にも何件か取り上げていただく機会がありまして、とても有難い年明けとなりました。

 

 

<掲載情報> 

 

2016.12.25  山梨日日新聞   

・郡内織物での「勝虫守」

 

2017.1. 5   山梨日日新聞     

・日傘の布に「日光写真」

 

2017.1. 9       日本経済新聞        

・郡内織物の技術で「親子雨具」

 

2017.1.10      朝日新聞     

・独自の柄・質感で勝負「パラソル 菜」

 

  

 

 

 

取り上げていただいた中での「お守り」ですが、

 

笛吹市の甲斐国一宮浅間神社様からのご依頼で、槇田のトンボ柄ジャガードの布地で

 

作られた御守。

 

 

その名も「勝虫守」!

 

 

 

トンボは前にしか進まず退かないことから、昆虫の中では勝ち虫と呼ばれ、縁起が良いものとして

 

日本では人々に親しまれてきました。

 

特に戦国時代には、決して後退することがない「前進あるのみ」という意味で武士に好まれたようです。

 

そして槙田商店の防撥水の効いた布で、雨にも負けない御守となっています。

 

 

勝負に勝つ、成功させる、夢を実現させる、願いが叶うものとして、ぜひお持ちください。

 

 

赤とグリーンの2色の「勝虫守」は、各1000個ずつの限定品になります。

 

笛吹市の甲斐国一宮浅間神社にて、販売しておりますので、

 

ぜひこの機会に、お立ち寄り下さい。

               

                          staff  kana

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

JUGEMテーマ:日記・一般

日傘「菜sai」シリーズの新聞掲載

昨年末、とうもろこし、ニンジン、白菜、花豆、緑豆、えのき、紫オクラ、

全7種類の野菜シリーズが、「日本農業新聞」に掲載されました。

野菜繋がりではありますが、どこでどういったご縁があるか分からないものですね。

全国の農業関係の方の目にも、とまって頂けていたら光栄です。

繋がりを大切にして、日々、物づくりに徹しながら

これからも発信していきたいと思います。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階「monova」
 http://www.monova-web.jp
・槇田商店「オンラインショップ」
 http://shop.makita-1866.jp/
・槇田商店Facebook
 http://www.facebook.com/makita1866
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

山梨産業大賞、優秀賞をいただきました!

めっきり寒くなりました。
富士山もいい感じに雪化粧です!



さてさてさて、タイトルにも書きましたが、この度
この春に発表をした、野菜をモチーフにした日傘「菜‐sai」が
平成27年度やまなし産業大賞の優秀賞をいただく事が出来ました!



この菜は、富士吉田の機屋さん達が東京造形大学と取り組んできた
「フジヤマテキスタイルプロジェクト」という産学連携プロジェクトに、
槙田商店が初参加させていただいた年に組んだ学生さんが考えた作品が基になっています。
傘では今まで使う事の無かった、ストレッチ性のある糸を織りこんだ伸び縮みする生地を使用しています。

この傘の受賞の理由が
・デザインと技術が融合した新規性と独創性がある製品である。
・技術的に完成されており、実用性も兼ね備えている。 

学生さんがプロジェクトをきっかけに槇田商店に入社してくれて、
そしてその作品を何度も試作しブラッシュアップして出来上がった商品なのです。
それが今回そういった理由で表彰されたというのは、本当に嬉しいことでした。

しっかり山梨県知事にタテや賞状をいただきました!


これからも、生地屋として楽しさを提案できる物を
作っていくようガンバリマス!

Staff:よーいち

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階「monova」
 http://www.monova-web.jp
・槇田商店「オンラインショップ」
 http://shop.makita-1866.jp/
・槇田商店Facebook
 http://www.facebook.com/makita1866
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 




JUGEMテーマ:ビジネス

収〜穫!!

東京暑!

田舎暮らしが板について、
体は田舎・高地寒冷地仕様。
出張で日差しの強い東京を歩くと、
皆さん涼しい顔の中
一人フーフー汗をかく30半ば。
華麗臭気になるわー
(字間違いじゃないです。
ほら、気持ちって大事ですよね)

こんな日差しの強い時に活躍するのは、
そう、パラソル!
(話は強引に…)

スタッフみーちゃんが
せっせと耕して種巻いて育てた
お野菜モチーフのパラソル、
菜ーsaiーが、ついに収穫期を迎え
少しずつですがご注文いただいた
店頭にならび始めました。




・スパイラルマーケットさん3店舗(青山、二子玉川、丸の内)
http://www.spiral.co.jp/shop_restaurant/spiral_market/

写真は二子玉川店





スパイラルマーケットさんは
他にも昨年から展開している
stripeもお取り扱いいただいてます。
(stripeはオンラインショップでも買えます!
http://store.spiral.co.jp/smp/item/300-2863.html)


他には四季彩堂さんの
静岡浜松有田本店、東京浅草店
http://www.shikisaido.com/


オンラインショップの
zuttoさん
http://www.zutto.co.jp/catalog/3626?view_type=pc


また、パラソルではありませんが、
東京デザインフォレストさんでは
雨傘のお取り扱いが始まりました。
https://www.dinos.co.jp/defaultMall/images/includehtml/tokyodf/monogatari/vol029/index.html#mainContentsWrap


こうやって、色々な所で
槇田商店の傘を見ることができる
ようになって、ちょっと、ではなく、
けっこう嬉しい…( ´∀`)
製品から山梨の生地作りを
感じていただきたいな〜、と、
切に思う今日この頃でございます。

Staff:よーいち

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階
 「monova」
 http://www.monova-web.jp
・槇田商店「オンラインショップ」
 http://shop.makita-1866.jp/
・槇田商店Facebook
 http://www.facebook.com/makita1866
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

南アルプス市で槙田の傘

 南アルプス市の
槇田商店の傘「絵おり」を扱っていただいています。
5/12〜27までです。
アクセスはこちら⇒ACCESS

とても素敵なギャラリーカフェでの展示販売です!


残りあと一週間きってますが、
ぜひよろしくお願いいたします!!!

Staff:Yo

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・マフラー・ストール・傘生地・洋傘の
株式会社槙田商店
筺0555-25-3111
槇田商店の傘ギャラリー
http://makita-1866.jp/umbrella/gallery.html
槇田商店FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

傘を作ろう!Part2

 傘をつくろう!の第二弾、しばらく時間があきましたが・・・
(これからも短期でUPできる自信はござぁーせん)

前回の「傘の駒を作る彼らの活躍」はひとまず置いといて、
えおりの傘を作る際に、その駒(傘の三角形の生地のことですよ)
を切り出す元になる生地をどう織っていくか!?をクローズアップ!

そもそも、名前の通り、柄をプリントするのではなく、柄を織って表現、
タテ糸とヨコ糸で、で、デ、柄を織り描いていきます!

こうやって織り描きます⇒「織る動画」(画質が悪いのはご愛嬌)

積年の糸使い・織り方の経験と、新しい機械の力で
他では出来ない傘生地が出来上がっていくんです♪
今のところ、傘でこういった表現ができるのは、
弊社以外ではできないんじゃないでしょーか。
先染糸で織り描くことで、プリントでは表現できない
柄の立体感・色の艶やかさが生まれてきます!

さてさて、その織りあがった生地、
それから、どーするの?
それはまた・・・次回!!

Staff:Yo
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・オリジナル傘の
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田の傘オリジナルギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


傘は縁起物

傘を作ろう!企画はいまPART2を作製中。
・・・いきなり挫折じゃないです。

今日は、先日出席した、親友の結婚式での出来事。

人生初経験の友人代表スピーチもが控え、式に入る前はだいぶ
緊張気味だったのですが、人間的にとても素敵な新郎新婦なので、
式の雰囲気が抜群に良く、おかげで緊張も解きほぐされ楽しい時間を
すごせました。(実際のスピーチはやっぱり少々テンパりましたが、
それでも頑張った方だと自分では思っております。)

式が終わり、2次会の時に、クイズコーナーでの景品が
新郎新婦のお気に入りグッズプレゼントでした。
で、新郎がうちの傘をピックアップしてくれて、
事前に連絡を受けていたので、「ここはっ」と、うちのオリジナルを
オリジナルカラーで!!力をいれて用意しました。

プレゼントコーナーがすすみ、うちの傘の出番!我が子を嫁に出す気持ちで
クジの結果をみていました。そして、当たった人は新郎の高校時代の友人(男性)。
婦人物の傘だったので、どうかなーと反応を見ていたのですが、
ものすごい喜んでいて、ホッと一安心。

後で話をしたら、「どの景品よりも嬉しいよ!」と言ってくれて、
本当にこちらも嬉しくなってしまいました。
そこをきっかけでフェイスブックでも友達になり、その後日談で、
帰りに傘をもって飛行機に乗った際(九州・大分の方なんで)、
客室乗務員に、「良い傘ですね」って褒められたみたいで。
そんな話を聞けるもの嬉しいもんですね。

傘は、その形状が“末広がり”のため、縁起物とされてきました。
様々なギフト品とし使われてきましたが、
今では使い捨てのような傘も氾濫しています。
それでも、人を笑顔にできる傘、ってのは、
これからも良く考えて創り続けたいと思った一日でした!

☆日本の花:桜を大胆に織り描いたオリジナル傘!!
結婚式オリジナルで色を作ったら、あまりにも良かったので、
ラインナップに加えさせていただきまーす!!

追伸:偶然にも新郎の名字が末つながりで「末吉」君。
   これからも末広がりな幸せが、初々しい新郎新婦
   (と、皆様にも、と、弊社も肖って)に続きますように!!

Staff:Yo

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田商店の傘ギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

アニマルよ おー アニマルよ 

 今月の17日に迫った上海にて行われる服地の生地の展示会へむけて
サンプルづくりを開始しているのですが、
うまくいきません〜〜!

この企画はうぃい!と思ってデザインの型を作成してもらい
織ってみると、・・・な、なんじゃこりゃ!!
の連続です↓

思っている色も全然でないし
柄も机上のA4で見るのと、織って大きく見るのと大違い
間延びしてしまって、全然格好よくない↓
落ち込んで吐き気がしました。
でも、落ち込んでられません!
もう時間ないですから!

今取り組んでるのがアニマル柄

コーディネーターの先生からのアドバイスで上海ではアニマルが熱いとの教え。
アニマルで色々つくってみたらとの事で、
ボーダーやパッチワークを検討しました。

ボーダーはまあいいとして、
パッチワークが想像とおおちがい、参っちゃいました。
ひとつ学んだ事が
黒という色は、他の色を引き立たせるのに重要。
黒色は偉大だ。ということです。

今回は人気のレオパルドとパイソン推しです。




アニマルボーダー三姉妹。
きっとこの奇抜なデザインが注目の的になるはず。
上司のアドバイスで
ニューアニマルボーダー三姉妹にランクアップする予定です。
お楽しみに〜。

                                            スタッフT


あと番宣を少し
高校時代の友人(芸名:前田花男)が、劇団をたちあげて舞台をします。
劇団名 ゲイシャフジヤマNo.1
第一回公演という事で未知数な部分もありますが、
学園祭などのイベントで毎回笑いをさらっていた彼なので期待大です。
舞台お好きな方、良かったら足を運んでみてください。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・オリジナル傘の
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田の傘オリジナルギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




傘を作ろう!

唐突なタイトルですが、ブログのネタがなかなか見つからず
更新が滞りがちになってきたし、生地屋・傘屋として、
だんだん生地・傘作りの事書いてないなーと思い、
そうだ、この工程をちょっとずつ書いていけばいいじゃん!
という思いから、そんなタイトルになりました。

回りくどくなりましたが、要は生地・傘造りをクローズUP!!

オリジナルの「えおり」ですが、傘としては高価なお値段ですが、
おかげさまで見る方は見ていただいて、当初予想よりもお客様に
お買い求めいただいています。ありがとうございます!感謝感謝。

そんなえおりをこうやって作っていますってところを追っかけてみます。
(傘を作る流れは、一応弊社オフィシャルHPでも紹介してます⇒槙田の傘ができるまで
 
まず今回は、傘を作る上で必要な道具を紹介。
うちの傘工場に来るお客さんがみんな気になる
三角なヤツです。

そう、傘の駒を切り出す、『型』!!
相棒の裁ち包丁と一緒に活躍します。

傘の生地や張る骨の長さ、材質で色々と型をかえるので、傘工場には型が沢山!

まとまると圧巻、ちょっとしたオブジェ・・・にはならないか。

どんな風に彼らが活躍するかはまた次回〜。

Staff:Yo
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・オリジナル傘の
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田の傘オリジナルギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★