初!傘生地を使ったワークショップをしました

この時期に台風、変な天気ですねー。

なんだか選挙に台風に、という怒涛の日曜日でしたが、

その嵐の吹き荒れる前日、土曜日に、

槇田商店として初めての試みに挑戦しました!

 

それは、

傘生地・傘のコマ(三角形)を使った、サコッシュ作りのワークショップ

です!!

 

 

どーしても、傘を作る際に、キズコマ

(生地にスジが入ってしまったり、余計な糸が織りこまれていたり、など…)

が出てきてしまいます。引っ込んでくれと言ってもそうそう引っ込んでくれない。

むしろ出てきて欲しくない時ほど出てきてしまうというなんともKYなキズ・・。

 

 

そんなコマは、傘を作る際の付属

(ネームバンドだったり、骨と生地があたる所のカバーだったり)

に使うのですが、それでも付属に使う量にも限りがあるので、

物作りを進めていくと、そういった物が溜まってしまい、最終的には廃棄しなければ

なりませんでした。

 

あー、もったいないなー、と思っていたある日、なんとそこにお悩み解決的素敵なアドバイザーが現れました!

その名は、・・・富士登山「絆」フォトコンテストをプロデュースする北村さん!

10年近くこのフォトコンテストに携わり、富士山の事だけでなく、

その麓にある物事にも興味を持ち、その中でハタオリにも関心があり(さすがファッション畑出身)、

槇田商店にも声をかけてくれました。それももう4年前ぐらいの話です。

 

その時はまだこれといった事はできませんでしたが、それから槇田商店の物作りを

見た中で、こういった事ができるのではというアイデアを出してくれて、

それが今回の傘生地を使ったサコッシュ作りのワークショップにつながりました。

 

初めてトライする企画に、はたしてどーなる事やらとヤキモキしてましたが、

その企画のイベントページをフェイスブックで立てた後、

なんと、一般の方のお問い合わせでほとんど予約が埋まりました!

ワークショップ、それも今はやりのサコッシュのワークショップ、

破壊力あるな・・・。なんて思いながら、僕らではなかなかできない事を

こうやって具現化する手助けいただき感謝と思いながら、ワークショップ当日を迎えました。

 

当日、午前中は子供の授業参観もあり、帰ってきてから吉田のスタバで今度このワークショップをする

打ち合わせをしていた北村さんを迎えに行き、妻とバタバタ準備を始め、

若干息が上がりながら初めてのお客様を迎えました。

 

初めてのワークショップのお客様、内心どうなるかななんて心配、

というか表にでてるテンパりもよそに、

北村さんの下準備とトークと、お子様連れには妻のママトークで

みなさんけっこうサクサクと縫い進め、思い思いに選んだ生地から

サコッシュを仕上げていきました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、出来上がった皆さんの力作はこちら!!

 

 

 

 

 

あいた時間を使って、自分も縫い縫い。

やべー、曲がる、ずれた―、云々しながら

仕上がるとやっぱり嬉しい(^^)

 

 

このワークショップは傘生地とか物作りをお伝えするためにも続けていきたいと思います!

という事で、早速ですが、今週末、10月29日(日)の、河口湖大石ハナテラスの

イベント出展の際も開催したいと思います!!

詳しくはフェイスブックイベントページにて⇓

https://www.facebook.com/events/126646541372040/

 

 

北村さん(右)、ありがとうございました、引き続きよろしくお願いします!

※ひげーズですな。

 

 

Staff:よーいち

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─山梨県西桂の地で創業151年─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
https://makita-1866.jp/
・槇田商店「オンラインショップ」
 http://shop.makita-1866.jp/
・槇田商店Facebook
 https://www.facebook.com/makita1866

・槇田商店Instagram
 https://www.instagram.com/makitashoten_1866
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

新作の槙田傘です

JUGEMテーマ:ビジネス

 

槙田オリジナルのジャガード傘、新作が出来上がりました。

 

春に向けての、明るいカラー展開です。

 

 

ジャガード織りで出来ている為、布地に張りがあり、

 

サテン地の程よい光沢感が、柄の見え方を角度によって楽しませてくれます。

 

そんな新作の傘を、6種類紹介します。

 

 

 ◇〜◇ 2色ドット ◇〜◇

 

 

 

 

 

 

  ◇〜◇ サテンドット ◇〜◇

 

 

 

 

 

  ◇〜◇ バブル ◇〜◇

 

 

 

 

 

  ◇〜◇ えだ 小 ◇〜◇

 

 

 

 

 

 

 

   ◇〜◇ えだ 大 ◇〜◇ 

 

 

 

 

  ◇〜◇ サーカス ◇〜◇

 

 

 

本体価格 10,000円。

60cmの婦人傘です。

 

ホームページに載っていない商品になりますので、

お問い合わせは、(株)槙田商店 0555-25-3111 まで、お待ちしております。

 

 

槙田のオリジナル傘は、ホームページに載っていない商品も多数あります。

 

価格帯は、5千円  〜  3万円。

 

紳士傘・婦人傘・長傘・ミニ傘・晴雨兼用傘・日傘など、

 

デザインも豊富にあります。

 

会社に併設しているショップでは全商品が揃っていますので、

 

近くへお越しの際には、ぜひお立ち寄りください(^^)

 

 

良い傘は、人の心を豊かにしてくれます。

 

ご自分にあった傘に、出会えますように☆

                           staff  kana

 

 

************************************************

株式会社 槙田商店

〒403-0022

山梨県南都留郡西桂町小沼1717

TEL : 0555-25-3111

FAX : 0555-25-2997

URL : http://www.makita-1866.jp

***********************************************

POLAサンクスポイントギフト2016に槇田ジャガードの傘が掲載!

山梨県郡内織物産地を知っていただくという活動を、
この郡内の先輩方や仲間と一緒に色々とやってきて数年。
少しずつですが、この山梨の郡内の織物を知ってもらえる
機会が増えてきたように感じます。

地道な活動が実になってきていてとても嬉しく感じる反面、
ちょっと風当たりが強い事もあり凹む事があったりもしました・・・。

が、しかーし、凹んでばっかいても仕方がない、もうとりあえず前に進むしかないので
こつこつやっていると、捨てる神あれば拾う神あり、やっぱり良い事ってありますね!

な、なんとっ!、
化粧品のPOLA様の、顧客様に感謝を込めてお届けされる
サンクスポイントギフトの2016年版に・・・、
槇田商店のジャガード生地を使用した傘
「3・9(サンキュー)プロジェクト」の認定品として選ばれました!


アーティストのミヤケマイさんのデザインを、何度も試織を繰り返し、
クロスステッチ風の織組織を使ったダイナミックな大海原を行く船の柄に織り上げました!


(真面目に仕事してます・・・)

また(傘は槇田で製品にしたのではないのですが)、
槇田商店の1866(イチハチロクロク)⇒http://shop.makita-1866.jp/1866_top.html
と同じ蛙(カワズ)張りという、生地を表と裏に張り分ける手法を用いて表は鮮やかな
ロイヤルブルーの生地、内側に槇田ジャガードの生地を使用。




細かなディテールにもこだわっていて、内側の小間(コマ:傘を構成する三角形)、
頂点になるところの織地の色をピンクに織り、ロクロ(傘を開閉する際、真ん中の棒をスライドするパーツ)を
カバーするロクロ巻きの生地を鮮やかなレッドの生地に。



持ち手も白くカラーリングされた竹を使用し、持つ人が本当に愛せる傘に仕上がっていると思います。


(こんな感じでまとめていただきました!)

槇田商店の生地作りが、美術・芸術に造詣の深いPOLA様に認められ、
それがこんな素晴らしい傘に仕上がったのが本当に嬉しく思います。

今年一年(2016年1月〜12月)のお買い上げやキャンペーンに応じて
付与されるポイントが対象との事です。
気になった方詳しくはPOLA様にぜひお問い合わせ下さい。
→エイジングケアと美白・化粧品のポーラ公式-http://www.pola.co.jp/

この度、山梨県郡内織物を選んでいただいたPOLA様、
この取り組みを進めるにあたり大変ご尽力いただいた関係者の方々、
カッチョ良く素晴らしい写真や文言を編集してくださった編集チームの方々、
本当にありがとうございました!!この場を借りてお礼を申し上げます。


     (めっさ笑顔…(汗))
頑張って生地織ります!!!!!!!

Staff:よーいち


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で毎日織って、今年で150年目─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階「monova」
 http://www.monova-web.jp
・槇田商店「オンラインショップ」
 http://shop.makita-1866.jp/
・槇田商店Facebook
 http://www.facebook.com/makita1866
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

山梨日日新聞さんに、150周年企業として取り上げられました

2016年1月13日付、山梨日日新聞の周年企業の特集で
槇田商店の名前を掲載していただきました。

2016年は、弊社の創業150周年の年でもあり、
今年周年を迎える山梨県内の企業の中で、
最も業暦が長い企業として紹介されました。

慶応2年の、江戸末期から続いている織物業。
150年の節目として歴史を辿っていきながら、
社史を随時公開していきたいと思います。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階「monova」
 http://www.monova-web.jp
・槇田商店「オンラインショップ」
 http://shop.makita-1866.jp/
・槇田商店Facebook
 http://www.facebook.com/makita1866
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ワンダー!!

気づいたら8/末、すっかり気候も秋めいてきました。
今年は残暑ないのかなー。
昔はこのあたりは、お盆が過ぎれば秋支度だったのが
ここ最近の温暖化でそういう事もなかったけど、
今年は久しぶりに8月に長袖を着ているな・・・。

さてさて、
昨日8/27に発表になった、
経済産業省の、クールジャパンによる地域活性化推進のためのプロジェクト、
The Wonder 500™(ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド)

>日本が誇るべきすぐれた地方産品”を発掘し海外に広く伝えていくプロジェクトです。
>日本を代表する30人のプロデューサーによる“目利き”と、一般公募によって、
>全国47都道府県より合計500商材を選りすぐりました。

との事ですが、なんと、うちの傘「1866(イチハチロクロク)」シリーズが選ばれた・・・。
しかも、推薦をいただいて選定していただきました!

↓8/28 山梨日日新聞にも掲載!



初めは正直何のこっちゃって感じでしたが、
推薦していただき、そして評価いただけたってのは素直に嬉しいですね。

これから国内や海外へのPR等もあるようなので、高い傘は難しいよと言われていた
ヨーロッパなんかでどんな反応がもらえるかって事にトライできるので、
良い機会をいただけたと思います。

ちなみに、9月2日〜4日、東京ビッグサイトで行われる
東京インターナショナルギフトショーでこのプロジェクトの選定アイテムの
お披露目をするとの事。
同時期にフランスのパリデザインウィークでも、
セレクトショップ等で展示イベントがあるそうです。

小さな所で、小さなことからコツコツやってきて、次のステップに
活かせるようガンバリマっス!

Staff:よーいち


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階「monova」
 http://www.monova-web.jp
・槇田商店「オンラインショップ」
 http://shop.makita-1866.jp/
・槇田商店Facebook
 http://www.facebook.com/makita1866
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

JUGEMテーマ:ビジネス

菜-sai-

こんにちは!

入社して1年があっという間に過ぎ、
もうゴールデンウィーク。本当あっという間...

ただいま2月のギフトショーで発表した新作パラソル"菜"を、
早くみなさまにお届けするため、毎日せっせと作っております!


今日はそんな様子を...

三角のコマに切られた、とうもろこしたち。これを10枚ずつ組にしていきます。
これらを縫って縫って...カバーにしたら生地にUVや撥水加工をします。



はくさいの漬物ではないですよ!!



ひとつひとつ丁寧に仕上げております!!
お楽しみに〜

staff みー

はじめましてはじめまして

 はじめまして、こんにちは!
新人スタッフみーです。

以前も私のことはちょいちょい記事に出てきておりますが…
現在6年目となる東京造形大学と山梨県富士吉田市、西桂町の織物会社の産学協同開発プロジェクト「フジヤマテキスタイルプロジェクト」で昨年度の槙田商店とのコラボレーションを期に学生から社員になりました!
フジヤマテキスタイルプロジェクトとは、大学ではテキスタイルについて学び、手織り手染めを基本としているいる学生の、突拍子のない大胆な発想を織物会社(通称、機屋)の技術をお借りし商品化を目指すという、学生にとってはものすごーく貴重なプロジェクトなのです‼(去年まで学生だったので、学生側目線でのプロジェクトのご説明になっております。)
毎年8社ほどの機屋さんにご協力頂いており、1社に対し1人ずつペアを組み約1年を通してものづくりをしていきます。
そして昨年度槙田商店とペアを組んだ私は、花をモチーフに縮む傘を作りたいと提案しました。通常の傘作りではありえない、伸縮性のある糸を織り込んだ生地を傘地にしたので、かなり試行錯誤が必要で...あの時はありがとうございました。


そして今回!コラボレーションの傘と同じ技法を使用し、
さらにブラッシュアップした槙田商店の新作パラソル「菜-sai-」を発表致しました!
こちらもはじめまして‼

今回のテーマは野菜。

太陽の燦々と降りそそぐ日差しが、豊かな瑞々しい野菜を育ててくれています。
その野菜たちのように日差しと楽しく付き合ってみてはいかがでしょうか?

伸縮性のある糸を織り込むことによって、柔らかな波打つ表情や、ぽこぽことした凹凸感が瑞々しい野菜のナチュラル感を生み出しました。

とうもろこし、にんじん、はなまめ、はくさい、紫おくら、えのき、まめ、全7種類。

こちらはとうもろこし。
クスッと笑ってしまうようなモチーフですが、郡内産地の特徴である先染め織物で色鮮やかで、開いても閉じていても、持っているだけで楽しくなれるような傘ができました‼

「菜-sai-」の詳細はまた後日このブログやFacebook等で更新いたします!
待っててくださーい!

スタッフ みー

出ます!?出ました!そしてまた出る?

さてさて、前回のブログタイトルに意味を持たせた
という事を書きまして、その意味とは何ぞや?と。

それは・・・、今日、テレビに出ました!

NHK BSプレミアムで放送されている
『イッピン』という日本の物作りの技を
フューチャーしている番組。

この槙田商店のある山梨県・郡内産地の織物がピックアップされたのです!
僕らの産地は隠れた産地なので、こうやって取り上げられることって
まずなかっただろうから、とても嬉しく、
そして、目が行きがちな機織りだけでなく、産地のKeyPointである
染色や、下工程をする人達の技術にも着目してくれているのが
なんとも感慨深かった!!

ロケ対応は大変緊張したけど・・・

でも一番緊張したのは映美さんとのトーク。

顔固っ…(-_-;)

番組としては、僕らの物作りのけっこう深いところも
クローズアップしてて、とてもいい番組だったなー。

こんな感じで放送されました↓



なぜかメディアにとりあげられる時って何だか重なるもので、
明後日、5/8にはこれまたNHK、こんどは総合なのでもっと人目に晒されるのかな、
8:15からの『あさイチ』で、これまた今産地で取組んでいる事を
ピックアップされるようで、ここでも、
もしかしたら槙田商店も少しでるかもしれません。
あさイチ→http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2014/05/08/01.html

そして、テレビだけでなくラジオも!!5月はメディア月間ですか!?
今日まで開催していた甲府のD&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBS
『NIPPON VISION GALLERY「山梨の織りと編み」』で
『YBSラジオ ナガオカケンメイのd&RADIO』の公開収録がありました。

(写真はD&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBSのフェイスブックより拝借)
まー、テレビもモチロン緊張しますが、人様の前で喋るってのもほんと緊張しますね。
何にをしゃべったんだか・・・。
この放送は5/5より始まっており、D&Radioのホームページより聞けます。
僕はあさイチ放送日と同じ5/8に放送になりますので、よかったら聞いてみてください。

オフィシャルでの発言には責任を持たないと(/ロ゜)/

Staff:よーいち
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
 服生地・傘生地・槇田商店の傘
 株式会社槙田商店

 http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階
 「monova」
・槇田商店「オンラインショップ」
・槇田商店Facebook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

出ました、出ます!出るのか!?

4月、この辺りの桜もようやく散り、世間はGWまっただ中!

こちらは生地を織りながら、ヤマナシハタオリトラベルや、産地の機屋さんとの
出展イベントを乗り越えていきます。

というわけで、まずは終わってしばらくたっちゃいましたが・・・、
伊勢丹新宿店の催事場で行われた日本の技と心展!


Staff:哲君、頑張って接客中。
昨年に引き続き2年連続の出店でした。
去年は新宿伊勢丹で催事できるんだ!なんて少々興奮気味でしたが、
1年色々な所を回ってきて、他のメーカーさんも場慣れしたというか、
今年はいっちょやってやるか!的な雰囲気がでていて、
なんとなく僕らの成長を感じとる事ができました。

そして、4/8から現在も開催中なのが、
地元山梨県・甲府のD&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBS
で行われている、『NIPPON VISION GALLERY「山梨の織りと編み」』
https://www.facebook.com/pages/DDEPARTMENT-YAMANASHI-by-Sannichi-YBS/174969422661109?fref=ts
GWの最後辺り5/6まで開催されています。


そして4/29からは、roomsがプロデュースする、そごう横浜店(神奈川県横浜市)の
地下1階トランスマーケットで期間限定(4月29日〜5月12日まで)オープンする
「旅する 地場産 SHOP」にkichijitsu(光織物)さん
https://www.facebook.com/kichijitsuと一緒に参加します
http://news.mynavi.jp/news/2014/04/28/122/←ニュース
roomsのスタッフの方が産地へハタオリトラベルしに来てくれたり、
産地メーカーがroomsに出展した事でご縁をいただきました。
https://www.facebook.com/roomsJIBASAN?fref=ts

そしてそして、まだまだ出ます!

5/1からはヤマナシハタオリトラベルのメンバーで渋谷ヒカリエ!
https://www.facebook.com/events/407321832742695/
↑詳細はこちらをご覧ください!!

時期を同じくして静岡は浜松にあります、四季彩堂有玉本店!
http://www.shikisaido.com/eventnews/entry/post-182.html
↑これまた詳細はこちらをご覧ください!!

と、イベントが続きます続きます。
お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいねー。

さて、このブログのタイトルは、イベントに出る、の他に
意味があったりするのですが、それはまた次回!

Staff:よーいち
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
 服生地・傘生地・槇田商店の傘
 株式会社槙田商店

 http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階
 「monova」
・槇田商店「オンラインショップ」
・槇田商店Facebook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 

晒す、生地や糸を薬品なんかにつけて漂白したり、
わりと織物関係を扱ってると聞く言葉。

ネット用語(?)なんかでも晒す、よく聞く・見ますね。

というわけで、槙田商店も晒す、と。
織物関係の会社ですが、今回のタイトルは
そっちではなく、見られる方。

今さらって感じですが備忘録って意味もこめて。
今年の6〜8月あたりは展示会の成果もあってか、
いくつかメディアにとりあげてもらいました。
今まででは考えられないことです。

前のブログにも書いたのと重複するものもありますが、

地元の山梨日日新聞さんや、
産経新聞さんhttp://sankei.jp.msn.com/life/news/130627/art13062708120003-n1.htm
そして朝日新聞さんhttp://www.asahi.com/and_w/fashion/TKY201307230249.html

テレ東のL4YOUプラスという番組の冒頭で傘を扱ってもらったり、
山梨ローカルのUTYさんが他県5県(だったっけな?)またがっての
旅番組で会社を訪れてくれたり。
http://www.uty.co.jp/uttyhatsu/130710/index.htm


そんな事もあり、未だにお問い合わせをいただいたりしてます。
(朝日新聞さんの反響は強烈だったなー)

それと、イベントなんかにも出店する機会が増えた事で、
そのイベントが終わった後でも、電話で問い合わせをもたったり、
ありがたい事にわざわざこの片田舎まで傘を買いにお越しくださったり。

見てもらう事が増えた事が、少しずつ形になってきてる感じです。
せっかくのチャンスなので、この機会でうちを知って、
さらに好きになってくれる人がでてくればと。
傘、とくにうちの扱う傘はお値段がいい傘なので、リピートするって事は
なかなか難しいかもしれませんが、長くつかってくれるキッカケになればいいなー。

そのためにも、買ってくれる方、使ってくれる方が満足してくれるよう、
作るだけじゃなく、使うシーンも考えた物作り・提案を
できるようにならなきゃと思うこのごろです。
日々精進精進!

Staff:Yo
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田商店のショールーム
槇田商店オンラインショップ
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★