スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハタオリトラベルに出ていました

早いものでもう四月。
うちの新入社員(といっても、この四月ではなく一月入社)のTk君も、
会社の雰囲気に慣れてきて、グルメ担当という事でグルメリポートを
ブログで展開すると宣言。僕も知らないところの情報を
バシバシ上げてくれることでしょうと密かに期待。

さてさて、この4月の3日〜8日の6日間、
産地の機屋さん計11社で、伊勢丹新宿のイベントスペースで行われた、
日本の手しごと展へ「ヤマナシ ハタオリ トラベル」として出展しました。
うちも今回仲間に入れていただき初参加!
ちなみに、ヤマナシ ハタオリ トラベルとは・・・?
〜富士山のふもと、スロープロダクツに出会う旅〜
説明
富士山の麓、富士吉田市と西桂町。
今もかわらず機織りの音が響く町には、やさしい布とおいしいもの、元気なクリエーターが育っています。
東京からたった1時間、そこにはこの上もなくやわらかな布のふるさとがあります。
美しい自然とおいしい水の里で作られているからこそできるやさしい布たち。
そんな布とクリエーターに出会える富士のふもとへトラベルしませんか。

と、まあ産地を見てもらって感じてもらったり、こっちから出てって販売をして
触れて感じてもらったり、と、山梨郡内産地の機屋さんの新しい動きかた。
詳しくはシケンジョブログまで↓↓↓
・手しごと展告知編
・ヤマナシ ハタオリ トラベル 西桂編
・ヤマナシ ハタオリ トラベル エキュート立川イベント編
・ヤマナシ ハタオリ トラベル FBページ
等など、他にも沢山ハタオリトラベルしてます。

僕は3日間ハタオリトラベル接客。いやー、久しぶりに百貨店店頭に
立って接客だわ。前々職で営業しがてら販売応援もしてたんで、
かれこれ8年ぶりぐらいか。

初日はちょっと緊張しましたが、ちょっと手ごたえを感じると、
ここは行くしかない、って感じで。
なんせここは新宿伊勢丹。いつもの地場産祭りとは違ったお客様層、
ここぞとばかりに、会社の向かいの山崎織物さんや、
同級生の渡小織物さんと作り手の思いトークをお客様に
浴びせかけました!

前々職もメーカーだったけど、もっと川上で物を作る側に立って
からは、こういったお客様との接し方ってしてなかったから、
改めて勉強になったし、やっぱりうちの産地の作る物は
バリエーション豊かで、エンドユーザーに直でも通用するよな
ってとこも実感。そして作り手の思いも、押し売りになっちゃ
まずいけど、共感を感じてもらうと商品も好きになってもらえる。
さすがに立ちっぱは腰にキタけど、非常にいい経験になったイベントでした。

日常業務+の動きなんで、各機屋さん大変だけど、
この動きを継続して、もっとお客様にヤマナシハタオリトラベルや
ヤマナシの郡内産地を知ってもらって、
へえ、うちだけ良きゃいいずら、っていう古臭い考え方でなく、
お互い切磋琢磨して、負けず嫌いで頑張るって動きで
物の作り方・動き方・考え方がちっと変えられて、
色んな意味で物作りに反映してくようにできればもっとサイコ―だなと。

ちっとでもいいから動き続けるべ。

Staff:Yo
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田商店のショールーム
槇田商店オンラインショップ
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL