スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お尋ね者

JUGEMテーマ:日記・一般

 

季節を通じて、会社にも色んなお客様がおいでになります。

モンシロチョウ、↓

 

その他にも、トンボのオニヤンマ、つばめ、犬、etc...

この前は、初めてのお客様で、コウモリがお店に入ってきました。

 

 

昼間であったこともありビックリしましたが、どうやら暑さで迷い込んで来てしまったようです。

最近の気温差に抵抗があるのは人間だけでは無いのですね。

お水で地面を濡らしてみると、口をつけて必死に飲んでいる様子でした。

こんなにも近くでコウモリを見ることは、なかなか無いですよね。

つぶらな瞳で可愛らしい表情とは反対に、骨のような細長い手足や鋭い指先のギャップがすごい。

 

昔からコウモリ傘というだけに、傘屋に来たのかな(^^)

 

ついでに、「こうもり傘」の由来を調べてみました。

こうもり傘の語源に関しては、「傘をかぶる」が「こうむる」となり、これを語源とするなどの複数の説があるが、ペリーが来航した際、持ち込んだ洋傘を「その姿、蝙蝠(こうもり)のように見ゆ」と比喩したことから生まれたという説が最も有力である。

という事だそうです。

 

日本に初めて来た洋傘を、はじめて見た日本人は、どんな風に感じたのか。

傘屋の一員としてとても興味があります。

真っ黒で不気味、ハイカラ、何で出来てる? どうやって作った?

など、見た人それぞれ感じ方も違ったのでしょうか。

見た目で興味をもってもらえるように、目新しさや、インパクト、好感を持ってもらえる物など、

これからも追求していきたいと、コウモリさんの訪れから思えました。

 

                         staff  kana

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL