スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お守り

 

年末年始と、新聞記事にも何件か取り上げていただく機会がありまして、とても有難い年明けとなりました。

 

 

<掲載情報> 

 

2016.12.25  山梨日日新聞   

・郡内織物での「勝虫守」

 

2017.1. 5   山梨日日新聞     

・日傘の布に「日光写真」

 

2017.1. 9       日本経済新聞        

・郡内織物の技術で「親子雨具」

 

2017.1.10      朝日新聞     

・独自の柄・質感で勝負「パラソル 菜」

 

  

 

 

 

取り上げていただいた中での「お守り」ですが、

 

笛吹市の甲斐国一宮浅間神社様からのご依頼で、槇田のトンボ柄ジャガードの布地で

 

作られた御守。

 

 

その名も「勝虫守」!

 

 

 

トンボは前にしか進まず退かないことから、昆虫の中では勝ち虫と呼ばれ、縁起が良いものとして

 

日本では人々に親しまれてきました。

 

特に戦国時代には、決して後退することがない「前進あるのみ」という意味で武士に好まれたようです。

 

そして槙田商店の防撥水の効いた布で、雨にも負けない御守となっています。

 

 

勝負に勝つ、成功させる、夢を実現させる、願いが叶うものとして、ぜひお持ちください。

 

 

赤とグリーンの2色の「勝虫守」は、各1000個ずつの限定品になります。

 

笛吹市の甲斐国一宮浅間神社にて、販売しておりますので、

 

ぜひこの機会に、お立ち寄り下さい。

               

                          staff  kana

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL