傘は縁起物

傘を作ろう!企画はいまPART2を作製中。
・・・いきなり挫折じゃないです。

今日は、先日出席した、親友の結婚式での出来事。

人生初経験の友人代表スピーチもが控え、式に入る前はだいぶ
緊張気味だったのですが、人間的にとても素敵な新郎新婦なので、
式の雰囲気が抜群に良く、おかげで緊張も解きほぐされ楽しい時間を
すごせました。(実際のスピーチはやっぱり少々テンパりましたが、
それでも頑張った方だと自分では思っております。)

式が終わり、2次会の時に、クイズコーナーでの景品が
新郎新婦のお気に入りグッズプレゼントでした。
で、新郎がうちの傘をピックアップしてくれて、
事前に連絡を受けていたので、「ここはっ」と、うちのオリジナルを
オリジナルカラーで!!力をいれて用意しました。

プレゼントコーナーがすすみ、うちの傘の出番!我が子を嫁に出す気持ちで
クジの結果をみていました。そして、当たった人は新郎の高校時代の友人(男性)。
婦人物の傘だったので、どうかなーと反応を見ていたのですが、
ものすごい喜んでいて、ホッと一安心。

後で話をしたら、「どの景品よりも嬉しいよ!」と言ってくれて、
本当にこちらも嬉しくなってしまいました。
そこをきっかけでフェイスブックでも友達になり、その後日談で、
帰りに傘をもって飛行機に乗った際(九州・大分の方なんで)、
客室乗務員に、「良い傘ですね」って褒められたみたいで。
そんな話を聞けるもの嬉しいもんですね。

傘は、その形状が“末広がり”のため、縁起物とされてきました。
様々なギフト品とし使われてきましたが、
今では使い捨てのような傘も氾濫しています。
それでも、人を笑顔にできる傘、ってのは、
これからも良く考えて創り続けたいと思った一日でした!

☆日本の花:桜を大胆に織り描いたオリジナル傘!!
結婚式オリジナルで色を作ったら、あまりにも良かったので、
ラインナップに加えさせていただきまーす!!

追伸:偶然にも新郎の名字が末つながりで「末吉」君。
   これからも末広がりな幸せが、初々しい新郎新婦
   (と、皆様にも、と、弊社も肖って)に続きますように!!

Staff:Yo

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田商店の傘ギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL