スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

傘を作ろう!Part2

 傘をつくろう!の第二弾、しばらく時間があきましたが・・・
(これからも短期でUPできる自信はござぁーせん)

前回の「傘の駒を作る彼らの活躍」はひとまず置いといて、
えおりの傘を作る際に、その駒(傘の三角形の生地のことですよ)
を切り出す元になる生地をどう織っていくか!?をクローズアップ!

そもそも、名前の通り、柄をプリントするのではなく、柄を織って表現、
タテ糸とヨコ糸で、で、デ、柄を織り描いていきます!

こうやって織り描きます⇒「織る動画」(画質が悪いのはご愛嬌)

積年の糸使い・織り方の経験と、新しい機械の力で
他では出来ない傘生地が出来上がっていくんです♪
今のところ、傘でこういった表現ができるのは、
弊社以外ではできないんじゃないでしょーか。
先染糸で織り描くことで、プリントでは表現できない
柄の立体感・色の艶やかさが生まれてきます!

さてさて、その織りあがった生地、
それから、どーするの?
それはまた・・・次回!!

Staff:Yo
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・オリジナル傘の
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田の傘オリジナルギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL