スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アニマルよ おー アニマルよ 

 今月の17日に迫った上海にて行われる服地の生地の展示会へむけて
サンプルづくりを開始しているのですが、
うまくいきません〜〜!

この企画はうぃい!と思ってデザインの型を作成してもらい
織ってみると、・・・な、なんじゃこりゃ!!
の連続です↓

思っている色も全然でないし
柄も机上のA4で見るのと、織って大きく見るのと大違い
間延びしてしまって、全然格好よくない↓
落ち込んで吐き気がしました。
でも、落ち込んでられません!
もう時間ないですから!

今取り組んでるのがアニマル柄

コーディネーターの先生からのアドバイスで上海ではアニマルが熱いとの教え。
アニマルで色々つくってみたらとの事で、
ボーダーやパッチワークを検討しました。

ボーダーはまあいいとして、
パッチワークが想像とおおちがい、参っちゃいました。
ひとつ学んだ事が
黒という色は、他の色を引き立たせるのに重要。
黒色は偉大だ。ということです。

今回は人気のレオパルドとパイソン推しです。




アニマルボーダー三姉妹。
きっとこの奇抜なデザインが注目の的になるはず。
上司のアドバイスで
ニューアニマルボーダー三姉妹にランクアップする予定です。
お楽しみに〜。

                                            スタッフT


あと番宣を少し
高校時代の友人(芸名:前田花男)が、劇団をたちあげて舞台をします。
劇団名 ゲイシャフジヤマNo.1
第一回公演という事で未知数な部分もありますが、
学園祭などのイベントで毎回笑いをさらっていた彼なので期待大です。
舞台お好きな方、良かったら足を運んでみてください。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・オリジナル傘の
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田の傘オリジナルギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




傘を作ろう!

唐突なタイトルですが、ブログのネタがなかなか見つからず
更新が滞りがちになってきたし、生地屋・傘屋として、
だんだん生地・傘作りの事書いてないなーと思い、
そうだ、この工程をちょっとずつ書いていけばいいじゃん!
という思いから、そんなタイトルになりました。

回りくどくなりましたが、要は生地・傘造りをクローズUP!!

オリジナルの「えおり」ですが、傘としては高価なお値段ですが、
おかげさまで見る方は見ていただいて、当初予想よりもお客様に
お買い求めいただいています。ありがとうございます!感謝感謝。

そんなえおりをこうやって作っていますってところを追っかけてみます。
(傘を作る流れは、一応弊社オフィシャルHPでも紹介してます⇒槙田の傘ができるまで
 
まず今回は、傘を作る上で必要な道具を紹介。
うちの傘工場に来るお客さんがみんな気になる
三角なヤツです。

そう、傘の駒を切り出す、『型』!!
相棒の裁ち包丁と一緒に活躍します。

傘の生地や張る骨の長さ、材質で色々と型をかえるので、傘工場には型が沢山!

まとまると圧巻、ちょっとしたオブジェ・・・にはならないか。

どんな風に彼らが活躍するかはまた次回〜。

Staff:Yo
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・オリジナル傘の
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田の傘オリジナルギャラリー
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

男の日傘

この夏の暑さで、ブログ更新をしばらく怠ってました・・・(というイイワケ)!

さて涼しくなってきたんで気を取り直して、
昨年の夏ぐらいから、友人から相談を受けていました。
     「男の人が使える日傘ないの?」
去年は確かにすごい猛暑だったし、今年ものきっとその傾向が
あるだろうとは思っていましたが、やはりきました今年も猛暑!

先週の金曜日から暑さは過ぎ去ってしまったような感じもしますが、
夏休み中は暑かった〜。

その夏休み中、猛暑に役立ったのがコレ、
「男の日傘」!!


友人の言葉を頭の片隅において、今年は作ってみました。
ただ、加工に時間がかかり、デビューは夏真っ盛りになってやっと・・・。
今年はテストだなと思いながらも、意外や引き合いもあり!

節電対策もありだからか、やっぱり暑いのつらいですもんね。
案をくれた友人も少しシーズン終わりですが買ってくれました。
これから残暑がどうなるかわかりませんが、
暑さしのぎに男の日傘、こんな文化ができていけば・・・!

Staff:Yo

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・オリジナル傘の
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/
槇田の傘オリジナルギャラリー
http://makita-1866.jp/umbrella/gallery.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ペット傘

当社は基本的には傘生地や服生地を織り、卸す会社です。
ただ、傘生地をメインで扱ってきて、そして社内で傘製品を作る製造部もあるので、
これまで培った技術を活かしたオリジナル傘を数点ですが展開しています。

そのオリジナル傘の中で、犬や猫の織柄の傘が
なかなか好評をいただいています。

この柄、プリントに見えるかもしれませんが、織で柄をだしています。
こんな山梨の片田舎へわざわざ都内からその傘を買いに
お越しくださるお客様もいらっしゃいます。(リピーターの方も!!)

雨の日はやっぱり憂鬱。そんな日も愛するワンニャンを傍に感じられれば
気分も少し晴れますよね。

そこで、愛犬・愛猫家の方々に雨の日をもっと楽しんでいただければと思い、
Staff Hi君にデザインを考えてもらい新たなオリジナルペット傘の試作に入りました。

試作にあたり、モデルに選んだのはうちの嫁さんの実家のチワワ、「ノア」ちゃん。

このノアちゃん、義母さんが親交のあるデヴィ婦人から頂いたワンちゃんなんです。
世界チャンピョンの子供だけあって、やっぱりスマートな顔立ち!
(遊ぶときは元気イッパイ、ナカナカのおてんばさんですが(笑))

そんなこんなでモデルも決まり、Hi君の努力もあり試作品ができあがりました!
グラフィックとシルエットの駒合わせ。Hi君、色々と研究してくれました。
(女の子に寄り添うワンコシルエットもチャームポイント♪)



↑これももちろん織で柄を表現しています!(プリントじゃないよ)
傘の色は、今ある糸で織ったのでちょっと暗めかもしれないけど、
このあたりは今後修正。まずは義母さんにさしてもらって、
デザインやパーツ使いのアドバイスをいただこうっと。

お客様のペット傘を作れるのが理想ですが、まだちょっと設備的にそこまで
できそうにないので、まずは数種類のワンちゃん(ネコちゃんも随時考えています)傘
で、お気に入りを見つけていただけるように出来ればと考えています!

また製品が確定したら、HPやブログに載せていきます。

Staff:Yo