マーチで松屋で

入梅、ムシムシですね。
高地育ちなので滅法暑さと湿気に弱い
Staff: よーいちです。

6月は都内でいくつかイベントの
話をいただいていて、その設営で
閉店してからのイベントスペースでの
作業はまさに「ウヘェー」っ(;´д`)

そんなこん言っててもイベントは
来ますので、汗かきベソかき、
とんだ水分を補うビールを楽しみに
老体にムチうちます。

そんな6月イベント第1発目は
「マーチエキュート神田万世橋」


場所の雰囲気最高でございます。
人通りは若干少な目ですが、
にぎやかなアキバのすぐ近くで
ゆっくりした時間を楽しむにはオススメ!
今回は、江戸の注染の浴衣地を使った
パラソルやバッグ類を扱うメーカーさんとの
出展で、こちらのアイテムも可愛くて素敵です。
6月9日(月)〜7月6日(日)までです。

お次は、山梨県・郡内産地の
若手機織り発信プロジェクト(??と勝手に名付けた)
「ヤマナシ ハタオリ トラベル@松屋銀座7階 デザインコレクション クリエーターズショウケース」
(長…((((;゜Д゜))))

今回は、うちの産地がお世話している…じゃなくてなっている
若手織物デザインユニット、
「NEGENTROPY(ネゲントロピー)」
(リンク先は彼らのデザインブランド
「cocioroso」下部にユニット説明有)
の天才デザイナー・高須賀氏に
スペースディレクションを依頼、
限られたスペースを、
機屋の粗削り感を残しつつも、
松屋銀座・デザインコレクションに
あったオシャンティーな仕上がりに
なっています。
こちら6月11日〜17日までです。
<出展メーカー>
・NEGENTROPY…寺座布PCケース等
・光織物(kichijitsu)…GOSHUINノート等
・宮下織物(Bride ale)…フクサ等
・武藤(opiyo)…ストール
・渡小織物(TORAW)…ネクタイ、蝶ネクタイ
・山崎織物(富士桜工房)…和ネクタイ
・槇田商店…晴雨兼用傘、日傘

この後も、
・神楽坂:まかないこすめ神楽坂店
6月13日〜7月16日まで
※6月21日、7月5日と傘づくりの実演します
・新宿:monovaギャラリー(単独展示会)
6月19日〜7月1日まで(水曜定休 )
※初日、21日、22日、28日、29日は
槙田商店スタッフが店頭に立つ予定です
・六本木:東京ミッドタウン、THE COVER NIPPON
6月21日〜7月末日まで(予定)

とイベントが続きます。
どこかタイミングが合いましたら、
ぜひ郡内織の良さを見に来てください!

Staff:よーいち


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店
http://makita-1866.jp/

・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階
 「monova」

 http://www.monova-web.jp

・槇田商店「オンラインショップ」

 http://shop.makita-1866.jp/

・槇田商店Facebook

 http://www.facebook.com/makita1866

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

傘とアイロン


今月5月はメディアづいた月でした。

5/6の
・NHK BSプレミアム イッピン(6/14(土)15:00〜NHK BSプレミアムで再放送します)
にはじまり、
5/8の
・NHK総合 あさイチ
・YBSラジオ  D&Radio
そして
5/21
・UTY ウッティ・発



(画像はUTYさんのHPから拝借m(__)m)

Staff:Teの感謝ブログにもあげましたが、

いろいろお問い合わせや応援の言葉をいただき
感謝感謝でございます。
産地の活動が一つ認められた証拠でもありますし、
その中にうちも入れてもらえた事がありがたい事です。
そんな気持ちで、お客様の生地作り、傘作りを頑張っていければ、
なんて思っておりますです、はい。

さてー、長々前置きで再度いやらしくアピッたとこで、
こんなそんな機会にわが社の傘を手にしていただいた方や、
百貨店の傘売場で良い傘買ったから、長く元気に使いたいのよ、
というモノに愛着を持ってくれる素晴らしい方に、
傘生地屋から梅雨前に、撥水を良く傘を使う方法をお教えします。

まず前置き、傘生地には一般的に「防水」と「撥水」の加工が施されています。
(ビニール傘は、知りませんm(__)m、だってビニール、うちじゃ織れないし…)
よく防水と撥水を近藤、じゃなくて混同される方がいらっしゃいますが、
まあ、傘を使う分にはそこ分からなくても何ーも支障でませんが、
一応説明しますと、
「撥水」加工は多くはフッ素を用いて
傘に撥水性(要は生地に水が着いた時に水滴になってコロコロ転がる事)
をもたせます。フッ素には蓮の葉効果
(⇒※蓮の葉はその無数の突起微細構造(細かい突起のようなもの)と水の表面張力により水を水滴化し濡れることを防ぐ)
と同じような機能を持ち、繊維が水に濡れるのを防ぐのです

こんな感じ、コロコロ

「防水」加工は、多くはアクリル樹脂を用いて、生地の裏面にその樹脂を
薄くコーティングして、織目の目止めをします。
先染めの織組織(織り方の事です)を活かした織物のコーティングは、
織物の織目が複雑であったり凹凸があったりして綺麗に平らにコーティングをかけるのは
実はとても難易度が高い作業なのですが、それをいとも簡単にやってのける
この産地の整理屋さん(生地の加工屋さんの事です。生地を綺麗にしたり後加工をする事を整理と呼びます)
の技術、拍手ものです!!

…話がそれました、その撥水を良く使う、まず長く傘を使っていると、
生地の水ハジキが悪くなったなーと感じる方、いらっしゃると思います。
というか、傘なんかさせればいいやって事じゃなく、そんな事を感じて
いただける方、素敵です。

そんな傘、実は撥水がおちているのではなく、上に書いた撥水の蓮の葉効果の
突起物が寝てしまっているのです。
さてどうする、
実は…、フッ素の撥水加工は熱をかけると復活するのです!!
なぜっ!?、…正直、細かい事は分からないのです。

とにかく、熱をくれてやると、100%とまではいきませんが、
感覚的に70%ぐらいの状態にはなるのではないかと。
(使用している状態や年数によって一概には言えませんが、すみません)

さて、熱をくれるっちゅっても、直で火をあてれば生地が溶けます。
そこで、うちの会社で使うのは、アイロン!

これは傘の仕上げの時にかけるシワ取りですが、こんな感じで、
アイロンを化繊で使用できる温度にセットし、傘の一小間(コマ)一小間アイロンをかけていきます。
ザッザッというイメージです。(温度調節が高すぎたりすると溶けるので注意!)
ただザッザッを素人さんがやるには少々難易度が高いかもしれません。
そこで、ドライヤーを使うともっと容易にお手入れができます。
(傘 撥水 ドライヤー なんかのワードで検索すると結構ヒットします)

どのくらいの時間ドライヤーをかけるかというのを表現するのが難しいですが、
アイロンをあてる時はある程度高い熱をかけるわけなので、
同じぐらいの効果を得るなら、生地から5cmぐらいほど放して、
熱がいきわたるようにじっくりかけていただいた方がよいと思います。

さて、久しぶりの生地の話題なので少々長くなっていますが、
ここからが傘生地屋として、皆さんあまり知らないであろう気を付けてほしい事です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

上に書いたようなお手入れは傘を使用した後にするわけですが、
いつも傘を使用する時に心がけていただきたい事があります。
それは、雨に濡れた生地を手でこすると、撥水性が著しく低下してしまうのです!
濡れた傘を、わざわざきれいにたたもうと手で雑巾を絞るようにギュッギュッと
まとめて閉じてしまうとモー最悪(涙)。生地の折山ちゃんの撥水山ちゃんが寝てしまいます。

なぜっ!??、それは…、得意技の「はっきり理由は分からない」のでございます。
が、今まで生地で色々と試験をした経験則でそうなんです。
乾いてる時の摩擦では何ともないのに、同じ生地を、濡れた時に人の手でこすると、
とてーも撥水が悪くなってしまいます。
考えられるのは、人の手の脂分が、生地が濡れた際に何等か影響しているのかもしれません。


なので、濡れた傘をたたむときは、手のひらで絞るように傘をたたむのではなく、
大抵の傘にはネームバンド(傘をたたむ際にまとめるホックやボタンつきのバンド)が
ついているので、そこを持ってグルッと傘をまとめる事です(大抵の方はそうしてるかもしれません)。
そしてオフィスや家に帰った際に陰干しをして、水分をちゃんと飛ばしてから
たたむ。こうすると長く撥水効果をもたせて傘を使う事ができます。
濡れたまま、先ほどのネームバンドでグルットするたたみ方で放置してしまうと、
変なシワが入ってしまったり、へんな臭いしちゃったりするので要注意です!

たかが傘でしょ。傘にそこまで手がかけられないよ。
と思う方もいらっしゃると思いますが、
僕たちは日々生地を織っているので、気に入った愛着のある傘を
長く健康に使っていただければと思っています。

とまぁ、まったく科学的な根拠のある内容でなくすみません。
これから梅雨シーズンに入ります。ちょっと上に書いたように
傘を労わって使っていただければ、
「へへー、おれの傘、雨がコロコロ転がってるぜぃ」
なんて気持ちの優越感を感じながら梅雨時を過ごせるかもしれません!?


Staff:よーいち
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─

 服生地・傘生地・槇田商店の傘
 株式会社槙田商店

 http://makita-1866.jp/

・槇田商店の常設ショールーム
新宿パークタワー内OZONE4階
「monova」

・槇田商店「オンラインショップ」

・槇田商店Facebook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

グルメ19

ある一人の機屋さんに「TK太ったよね?」って
スタッフTさんが尋ねられたらしく、それを聞いて動揺を隠せないTKです。


SDカードのデータがぶっ飛んで以来、あまり外食もせず
写真を撮ることもあまりなく過ごしてきました。

外食
〔J
 私が小さい頃から営業している飲食店です。

キムチ焼肉丼

※画像の本はお店にありました。
 やはりそこから取ったのか・・・?





後はいただき物などいつもと違う内食を載せます。

ふかひれ







実は我が家はふかひれが大好きで毎年こうやって送ってもらって・・・














という訳ではありません。










こちら中身はギョウジャニンニク(アイヌネギ)という野草です。


箱の中身はこんな感じ


両親の知り合いの方から送っていただきました。
名前の通りにんにくのような味、においがあります。


これを鉄板に乗せて炒めて






カット野菜とラム肉を乗せて炒めて






ジンギスカン鍋でやってないけどジンギスカン風料理完成
(母が見栄えをよくしようと並べていた気がしましたが有無を言わさず撮影
 今思えばそうした方が良かったかも・・・)



元々ラム肉のパックに味がついていてその味が美味しくライスが2〜3杯進みます。
が、今回はあえて炊いていないので1杯だけで済みました。 
ちなみに私はふかひれよりギョウジャニンニクをもらった方が嬉しいタイプです。



↑の料理と一緒にもらい物のやっこいたけのこ入り炊き込みご飯を食べました。





続いて別の日ですが、焼き鳥をやりました。
長兄が焼き鳥に凝っていて家で串打ちから・・・
ねぎま、もも、ももにんにく、かわの4種類。
たまに
にんにく-にんにく-もも-もも-にんにく-にんにくとか
ねぎ-ねぎ-もも-もも-ねぎ-ねぎなど
偏ったねぎまだったりとおもしろい串もありましたが。
ちなみに串打ちは「かわ」がダントツで難しかったです。








始めた時間が夕方だったので終わる頃には結構暗くなっており、
肉の焼け具合がわからなくなったのでヘッドランプで照らしながらの焼き作業となりました。
その日の深夜に腹痛を起こしたのでもしかしたら暗さで焼け具合の判断を見誤ったのかもしれません。


これからの時期、アウトドアでBBQをする方もいらっしゃると思います。
肉が焼けてることを確認してから食べましょう!



 

たくさんの!お問い合わせ!ありがとうございます!

たくさんの、お問い合わせ、ありがとうございます!
日本各地から、たくさんのお褒めの声をいただいて、社員一同嬉しい限りです。
皆様の手に、丹精こめて作った傘を早く届けるため、今日も作業しております。
大きい会社ではないので、出荷作業に時間がかかり、お待たせしているのが心苦しいですが、
必ずご満足いただけると思いますので、心ルンルンで楽しみにしてお待ちください。



そして、いくつかの商品が欠品状態になっており、申し訳ありません。
只今イベントが重なっており、商品が戻り次第、オンラインショップにあげていきますので
皆様すこしお待ちくださいませ。



さてさて「朝イチ」に2秒ぐらい映ったスタッフTです。
大学時代の友人に、えらくおっさんになったと言われ、今日からビールをハイボールに変えようと
思っております。
ちくしょー、マッチのやつ。
(http://macchinou.exblog.jp/11328277/  ←マッチのブログです。最近更新されてません。ププ)

「朝イチ」の放送良かったですね〜、光織物のタクヤ君がすごい格好良く映っていて、とても感動しました。
あんなドラマチックになっていて、産地の新しい方向性が産まれた、永久保存版の記録になるんじゃないでしょうか。
タクヤ君 真剣に産地の事を考えてる熱い兄貴タイプで、間違ってると思ったら組合の上の人にもちゃんと発言するし
でも、今回みたいなメディアの露出にも出たがらない 何て言うんでしょうか、調子にのらないというか、いいとこ取りしない人なんですね。
だから、産地のみんなも今回の放送は感動した人が多いんじゃないかな〜。
あとでもう一回見よっと。

季節も春をすぎて、初夏の気配です。
会社の庭にもクマガイソウが綺麗に咲いております。

ちょっと写真を撮るのが遅くて三日前のが綺麗だったかな(汗)

池の金魚たちも元気です。

長く飼う秘訣は、餌をやらない事です。
人間、食べすぎは良くない理論を基本として、餌をやらないと何かコケとかその類の物を食べて、魚体内が健康になっているのではないかと考えてます。
まあ、自論なので間違ってるかもしれませんが(爆)
でも、たまに焼き魚の切り身とか入れると、金魚とは思えない勢いで食べるから、腹減ってるんだろうな。(照)


放送に使われなかった、庭に傘の乱舞のワンショット
NHKさん、この映像くれないかな〜

Staff:Te
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
 服生地・傘生地・槇田商店の傘
 株式会社槙田商店

 http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階
 「monova」
・槇田商店「オンラインショップ」
・槇田商店Facebook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

出ます!?出ました!そしてまた出る?

さてさて、前回のブログタイトルに意味を持たせた
という事を書きまして、その意味とは何ぞや?と。

それは・・・、今日、テレビに出ました!

NHK BSプレミアムで放送されている
『イッピン』という日本の物作りの技を
フューチャーしている番組。

この槙田商店のある山梨県・郡内産地の織物がピックアップされたのです!
僕らの産地は隠れた産地なので、こうやって取り上げられることって
まずなかっただろうから、とても嬉しく、
そして、目が行きがちな機織りだけでなく、産地のKeyPointである
染色や、下工程をする人達の技術にも着目してくれているのが
なんとも感慨深かった!!

ロケ対応は大変緊張したけど・・・

でも一番緊張したのは映美さんとのトーク。

顔固っ…(-_-;)

番組としては、僕らの物作りのけっこう深いところも
クローズアップしてて、とてもいい番組だったなー。

こんな感じで放送されました↓



なぜかメディアにとりあげられる時って何だか重なるもので、
明後日、5/8にはこれまたNHK、こんどは総合なのでもっと人目に晒されるのかな、
8:15からの『あさイチ』で、これまた今産地で取組んでいる事を
ピックアップされるようで、ここでも、
もしかしたら槙田商店も少しでるかもしれません。
あさイチ→http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2014/05/08/01.html

そして、テレビだけでなくラジオも!!5月はメディア月間ですか!?
今日まで開催していた甲府のD&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBS
『NIPPON VISION GALLERY「山梨の織りと編み」』で
『YBSラジオ ナガオカケンメイのd&RADIO』の公開収録がありました。

(写真はD&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBSのフェイスブックより拝借)
まー、テレビもモチロン緊張しますが、人様の前で喋るってのもほんと緊張しますね。
何にをしゃべったんだか・・・。
この放送は5/5より始まっており、D&Radioのホームページより聞けます。
僕はあさイチ放送日と同じ5/8に放送になりますので、よかったら聞いてみてください。

オフィシャルでの発言には責任を持たないと(/ロ゜)/

Staff:よーいち
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
 服生地・傘生地・槇田商店の傘
 株式会社槙田商店

 http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階
 「monova」
・槇田商店「オンラインショップ」
・槇田商店Facebook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

出ました、出ます!出るのか!?

4月、この辺りの桜もようやく散り、世間はGWまっただ中!

こちらは生地を織りながら、ヤマナシハタオリトラベルや、産地の機屋さんとの
出展イベントを乗り越えていきます。

というわけで、まずは終わってしばらくたっちゃいましたが・・・、
伊勢丹新宿店の催事場で行われた日本の技と心展!


Staff:哲君、頑張って接客中。
昨年に引き続き2年連続の出店でした。
去年は新宿伊勢丹で催事できるんだ!なんて少々興奮気味でしたが、
1年色々な所を回ってきて、他のメーカーさんも場慣れしたというか、
今年はいっちょやってやるか!的な雰囲気がでていて、
なんとなく僕らの成長を感じとる事ができました。

そして、4/8から現在も開催中なのが、
地元山梨県・甲府のD&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBS
で行われている、『NIPPON VISION GALLERY「山梨の織りと編み」』
https://www.facebook.com/pages/DDEPARTMENT-YAMANASHI-by-Sannichi-YBS/174969422661109?fref=ts
GWの最後辺り5/6まで開催されています。


そして4/29からは、roomsがプロデュースする、そごう横浜店(神奈川県横浜市)の
地下1階トランスマーケットで期間限定(4月29日〜5月12日まで)オープンする
「旅する 地場産 SHOP」にkichijitsu(光織物)さん
https://www.facebook.com/kichijitsuと一緒に参加します
http://news.mynavi.jp/news/2014/04/28/122/←ニュース
roomsのスタッフの方が産地へハタオリトラベルしに来てくれたり、
産地メーカーがroomsに出展した事でご縁をいただきました。
https://www.facebook.com/roomsJIBASAN?fref=ts

そしてそして、まだまだ出ます!

5/1からはヤマナシハタオリトラベルのメンバーで渋谷ヒカリエ!
https://www.facebook.com/events/407321832742695/
↑詳細はこちらをご覧ください!!

時期を同じくして静岡は浜松にあります、四季彩堂有玉本店!
http://www.shikisaido.com/eventnews/entry/post-182.html
↑これまた詳細はこちらをご覧ください!!

と、イベントが続きます続きます。
お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいねー。

さて、このブログのタイトルは、イベントに出る、の他に
意味があったりするのですが、それはまた次回!

Staff:よーいち
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
 服生地・傘生地・槇田商店の傘
 株式会社槙田商店

 http://makita-1866.jp/
・槇田商店の常設ショールーム
 新宿パークタワー内OZONE4階
 「monova」
・槇田商店「オンラインショップ」
・槇田商店Facebook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 

あべのハルカスでヤマナシハタオリトラベル

三寒四温、その通り、春の足音はすぐ
そこまで来てますが、冬の未練をまだ感じる
今日この頃でございます。

告知でございます。
グランドオープンした
大阪・あべのハルカス近鉄百貨店本店、
の歴史ある職人展の第二弾に、
ヤマナシハタオリトラベルが参加しています!
会期は3月20日〜26日と絶賛開催中です!













続きを読む >>

グルメを書かないTKなんて

かと言って(まだ)織物のことを書くわけでもない。
今年2度目の登場となるTKです。
雪が降って以降、体重が増えました。
雪関係あるの?と思いますが、多いにあります。
自己分析の結果以下の通りです。

雪をかく←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←
↓          (2週間くらいループ)            ↑
疲れる                             ↑
↓                               ↑
動いたしご飯いっぱい食べて元気出すか!(言うほど動いていない)  ↑
↓                               ↑
モリモリ食べる→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→↑

食べる癖がついてきた

日頃動いていないのに食べる ←今ここ

よろしくないサイクルに突入です。気付いたからにはここで断ち切らねば。

さて、気づいたら今年の更新数TOPは
よーいちさん(今年から名前)がダントツですね。
負けてなるものかと思って少し撮り溜めた料理たちを開放する予定でしたが、
不運なことに先週、スマートフォンのSDカードが壊れたことにより
色々なデータが紛失しました。(料理の写真だけじゃなくて思い出も)
手を尽くしましたが無理でした。

ということでグルメ数回分のデータが消えました。

一からやり直しです。
人類にとって大きな痛手かも…


180度話変わります。
私は花粉症歴10年と少しですが、今年はまだ余裕があるなーと思ってました。
昨日までは。

今日西桂〜富士吉田を行き来していましたが花粉量がすごいです。
昨日と同じ町だったとは思えないぐらい。
マスク目薬ティッシュをフル装備でもダメです。何も止まりません。
家で今こうしてブログを書いている間にもティッシュ目薬が必要です。
頭が痛かったりして業務に集中するのが厳しい時もありますが、
あと一ヶ月ぐらい?は何とかがんばりきらないと。
病院で処方された薬を明日から飲み始めるのでどうなるか。
昨日あたりからTeさんが「むずむずする」と言ってますのでこちら側の人間に
なる日も近いかもしれません。(何がむずむずしてるのかは忘れました。)

ではまた花粉の納まる時期に。
鼻が詰まっていると料理の味がわからないのが嫌ですね。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店

http://makita-1866.jp/
槇田商店のショールーム
槇田商店オンラインショップ
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

雪 のち ハレ

先週のひどかった雪がある程度・ようやく片付き、
やっと集配業者も稼働し始め通常業務にかかれるようになりました。
もうすぐ3年経つ震災の時もそうですが、
本当に自然の力の大きさを感じた2月でした。

町の消防団の活動で協力して雪かきしたり、独居老人の安否を気遣ったり、
(西桂の旧道は、織物の町だけあって昔は水を多用したため、路の両脇に水路があります。
水路が詰まってしまうので、通常は雪を水路に捨ててはいけませんが、今回は町役場に相談し、
水路が溢れないよう注意しながら消火栓を使用し雪を溶かしながら作業をしました。)


(かなりスッキリ!)
地域でもそんな活動が自主的に起こったり、
今日聞いてたラジオでは、雪かき活動で地域のつながりが
できたなんていう事を言ってたり、ピンチの中でうまれた
地域を見直すチャンスもあったと思います。
それでも山梨県内ではハウス栽培などかなり大きな
被害を受けたようで、再建を考えないという人が
農協だかどこだかのアンケートで25%ほどだと、
これまたラジオで聞きました。
高齢の方は、これからまた時間をかけてやっていこうとは
なかなか思えんっすよね。

僕らの産地でも、今回身の回りではありませんでしたが、
もし工場がつぶれてしまったとかなったら、
またやり直そうと思えるところがどのくらいあるのか…。
国内での物作りに共通する高齢化・後継ぎなしという問題が
改めて晒された災害でもあったのかもしれません。

物流がある程度戻ってきてスーパー・コンビニもいつもの姿にもどって、
時間が過ぎれば、雪かき大変だったねー、筋肉痛ひどかったねー、
とか笑い話になってしまいますが、何十年ぶりの天候が今年起こったから
来年は起きないっていう保証はないし。
自分達で対応できる限りの体制は整えておかないといけないなと。


Staff:よーいち
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店

http://makita-1866.jp/
槇田商店のショールーム
槇田商店オンラインショップ
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

まさに陸の孤島です

前回のブログで雪についてふれましたが、
どうやら、ふれてはいけないものだったようで…((((;゜Д゜)))
その夜は降る降る降る。モリっっっどころでは なくなり、
もう表現できないくらいの量。 翌朝自宅の玄関をあけると、こうなってました。

こういうの、本当にシャレにならないと 言うんですよね。
まず脱出方法を 考えるのに現実がすごすぎて頭が働かない…。
人間ドリルーなんてやったら、雪が冷たくて
その後のテンションがた落ちなのが目に見えたので
粛々とスコップでかき出しました。  


チビの背丈はゆうに越える積雪。
よく勘違いされるのが、寒いところではありますが、
普段はこんなに雪が降るところではなく、降っても年2〜3回、
積もって30cmぐらい。なので今回はそれこそ非常事態。
想定外の降雪により、道路もアウト。電車もアウト。
タイトルにも書き、色んな情報源で叫ばれていますが、まさに陸の孤島。
どうしようもできません…。

槙田商店の前の道もこんなに。

お向かいの山崎織物さんの玄関もこんなに
 

土曜日・日曜日と先週に引き続き、ひたすら雪をかきました。


ネコの手もチビの手も借りたいとはこういう事。

会社の屋上から撮った西桂町の様子

(携帯のパノラマモードなので見ずらいですが…)
今までにない雪景色です。本当に未曾有の大災害。
槙田商店のある西桂町の状況は、道路がやっと一台車が通れるかというような状況。
除雪作業をスムースに進行するため、車での外出を控えるよう指示がきています。
車ないとどこへもいけない、何もできない地域なので、早急な復旧を願います。
月曜日から正常な営業は難しい状況です。
ご迷惑おかけすることがでてくるかもしれませんが、何卒ご理解・ご協力のほど、
よろしくお願いいたします。

Staff:よーいち
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
─私たちは日本で140年、毎日織ってます─
服生地・傘生地・槇田商店の傘
株式会社槙田商店

http://makita-1866.jp/
槇田商店のショールーム
槇田商店オンラインショップ
FaceBook
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★